File28 アルコールストーブ

 やはり食事には火が必要だよね・・・

 ということで、コンパクトなストーブを持って出かけます。



 今回使用したのは、アルコール燃料のストーブです。
 アルコール燃料は、液体の場合と固形の場合があります。固形燃料は入手しやすい(100均でも売ってますね)また運搬時に気を遣わなくてすむので、固形燃料を選択します。
 昔から固形燃料はあって、缶詰タイプのものがキャンプ用としてありましたね。あれはそのまま火を付けて使えるので便利ですが、少々嵩張る。

 そこで最近はコンパクトなストーブが多く出てきています。安めのものを使用してみました。



 折りたたみ式のストーブを組み立て、固形燃料を入れて火を付けます。チャッカマンなどを使った方が良さそうです。普通のライターではなかなか点火に手間取ったので。
 このまま鍋などを置くことができます。側面から空気が入るので、火力もそこそこありますね。湯を沸かしてみましたが、沸騰させるのは難しいかな、という程度。



 今日のメニューです。いつも通りです。これならウエストバッグで運べます。
 まずはウインナーを茹で、そのままラーメンへ。具はヤングコーンで。生ものは持って来にくいですから、パック物が良いですね。



 はい完成。

 時間がかかってしまいました。ガソリンストーブならあっという間なのが、アルコールストーブだと結構時間が経ってしまいます。のんびり出来て良いですが、行動時間が気になりますね。



 あと問題はこれだな。
 固形燃料は煤が酷いんですよね・・・ガソリンやガスならこうはならないのだけど。激落ちくん必須ですね。

 安くて手軽で安心なアルコールストーブですが、主に使うにはどうかなあ・・・

ついでにお荷物拝見も

いや、これだけ見たので目次へ