File31 進化する100均

 「キャンプな食卓」ですが、20年近くキャンプしてません。
 ただ、相変わらず調理道具を持って山に行く。水場を見つけてそこで昼飯を食う。そんなこのごろです。



 世の中もキャンプがはやっており、いろんな道具が手に入るようになりました。
 道具から入るのもありです。

 簡単な道具でも出来ることはある。

 それでは、100均で手に入るグッズでデイキャンプは可能なのか。
 それがなかなか、結構なものが手に入るのですね。



 なんと、簡易のコンロが100円で入手できます。



 鉄板をまげて組み合わせるだけでアルコールコンロになるというもの。
 これは確かに100円もしないわ。で、これで問題ないわけだわ。。



 網も100均です。コンパクトで非常に良いです。
 ではさっそく。



 火力はアルコール固形燃料です。
 エスビットなどの様な格好良いやつじゃなく、旅館で出てくるアレです。
 しかしこの固形燃料は煤が出ないので非常に具合良いです。旅館の朝食などでは魚炙ってますし。



 鍋はアルミのなべで十分でしょ。軽くて大容量。



 では、いつもの。
 もやしをゆでてからラーメン投入。固形燃料1個で少々心許ない感じ。



 鍋がでかいので、結構なボリュームのものが食べられます。



 さて、食後はコーヒーだな。
 さすがにここは専門のカップの方が良いかな。



 と思うでしょうが。

 これもなんと100円なんですよ。

 しかし、なんで直火NGなのかと。



 直火してみました。問題はなさそうです。
 ただ、アルコール燃料では沸騰させるのが難しいかな。



 ということで、3個で100円のアルコール固形燃料でした。
 コスパという意味では、コストは抜群。パフォーマンスは最低限。



 コンロは再利用出来そうですね。何回曲げ伸ばし出来るだろうか。

 試しにやってみるレベルなら全然使えます。
 調理に時間がかかるのでデイキャンプには向かんかも。

 まあしかし、100均恐るべしですね。

目次