第46回 国道174号線

 国道で一番長いのはどこでしょう?

 それは4号線。東北を縦断しているのですから700kmを優に超えているのです。
 では、一番短いのは?



 それがここ神戸にある「国道174号線」です。
 街の地図にもあるわけですが、その中でもほんのわずかな範囲。これで全線なわけです。

 そんな短い国道なので、バイクや車では一瞬で終わってしまう。だから今回は歩きでトライします。



 国道2号線から神戸港までの区間が174号線。これは法律で「主要な港と幹線国道を結ぶ区間は国道とする」というのがあるらしく、以前に取り上げた中でも名古屋港や四日市港の国道も短かった。



 しかしながら、187mという距離は群を抜いて短い。短距離選手なら20秒もかからず走り終えてしまう距離なのです。



 反面、幅はやたら広く、一番広い区間では11車線もあるというのも別な一面です。下手すりゃ幅の方が広かったり?



 で、ですよ。阪神高速を潜ったらあっという間に終点という。



 この交差点までということで良いのかな?



 反対側を見れば先ほどと同じ「一番短い〜」の看板があるのでここまでということでしょう。



 港の雰囲気は建物にもしっとりと。



 今でも神戸の港は活況で。みんなこの短い国道を何も知らずに通りすぎるのでした。

目次