原点

 目的が先に必要になってきた。

 バイクなんて特に、このサイトを続けるために乗っていたり。
 今日だって同じだ。ざっと目的を先に決めてざっくりと企画をして。それが目的になっていた。



 高速を使わずにミルクロード〜フラワーロード〜グリーンロードと下って行く。
 車通りも少なく信号も少ない快適な通りだが、いかんせん時間は高速よりかかる。時間を気にしないバイクでの通行なら問題ない。



 まずは青山峠へ向かって歩みを進める。



 国道脇から林道が見えた。



 一方はすぐに行き止まり。



 山へ向かう側はそれなりに走れる道だった。



 この先抜けている気がしたが、ちょっとやめておくことにした。
 少し荒れ始め、ブーツ無しというのはこういうときに何かあるといけないので。
 他にも探索したいところがあったのだが、やはりブーツは必要かな・・・



 林道をあきらめたので、白山から家城へ。いつもの名松線エリアへ向かう。



 昔から気になっていたのはこの「こぶ湯」なる看板。
 温泉がある様ではないのだが。



 家城神社にそれはあると言う。



 おっと、オッドアイの猫が。



 まずは神社に参拝。



 すると「こぶ湯」への道がある。



 こぶが取れるとか難病に効くとかで水をくむ人々が。
 湧出量は少なく、ちょろちょろとした湧き水になっている。



 水温が低く、成分で温泉となるようだ。



 ひしゃくですくってみるが、特に匂いも無く。



 家城から君ヶ野ダムを抜けて奥津へ向かうことにした。



 昼時になってきた。
 道ばたの小さな看板に目をとめる。



 老夫婦でやっている蕎麦屋だった。
 そば茶も蕎麦の実に直接湯を注ぐというもの。塩もこだわりの物だ。



 そばはしっかりとした田舎そばでおいしくいただいた。
 予約をすればサイドメニューもあるという。再訪してみたい味だった。



 北上することにした。
 すでに予定は無い様なものだから。



 本伊勢街道が残っている様だ。



 ダートを行く。

 分岐はどちらだ。



 下る側はすぐに無理だとわかった。



 上る側に入って見る。少し走ったところでやはり道が荒れ始めた。
 決していけないわけでは無いのだが。

 やはり無理はしないでおこう。

 林道へ入らないのであれば、何をしに来たのか。



 国道へ戻って来た。
 この先は適当に流して帰るかと。

 元々、バイクに乗るのに特に目的はなかった。目的地も適当で、行き当たりばったりに流すだけから始まった。
 林道を覚え、目的が林道になった。そこまでの行程はあくまで移動になった。

 林道を目的にこれからも行くのだろうか。
 そんな風にも行かなくなってきたことはよくわかっている。

 目的がなくなると乗らなくなる。

 いやまて、目的なんてどうでも良いのでは。昔のように適当に走っていれば良いのでは。



 思い当たったら適当に観光したり休憩したり。それでも良いのでは。
 あれこれ制限を付けずに、無理なく走って行けたら。

 そういうことにしようと思う。

目次