ふたたびみたび

 いきなり余談なんですけどね。



 準備をするのに時間がかかるようになった。車体の準備も手がかかる(いやそりゃ、乗らなきゃバッテリーも弱るよ)けども、装備の準備もサクサクといかないんだなこれが。昨晩も準備に1時間近く、そして出発前の身支度でも1時間近く。出かけたのは予定より大分遅くなっていた。



 朝はさっさと移動するに限る。いつものように高速をひとっ飛び・・・とはいいつつも朝食取ったり寄り道はあったけど・・・などしながらここは道の駅茶倉。
 この近辺で道の駅と言えば飯高なわけだけれど、それだけに人も多く休憩するには落ち着かない。で、ここ。

 そりゃそうと、なんで今回こちらへ来たのかと。
 今回の予定は、東吉野から川上へと奈良県を行く。何度か来ているエリアで、2012年冬にも訪れている。そのときの結果を見てもらえば判るとおり、どこもまともに行けていないのですよ。

 そう、リベンジである。



 その前に茶倉だ。何も無いと思っていたのだけど、案外見所があって・・・



 近隣の施設が「リバーサイド茶倉」ってぐらいで、リバーサイドな立地にある。ところがこれが松阪方面から来ると、道の駅に入るまで(というか入った後も)川の姿が見えない。看板にしたがって見晴台に行くとリバーサイド茶倉への遊歩道があって、進んでいくと吊り橋に出る。なかなか立派な吊り橋で、道路から見にくい位置にあるのはもったいないと思える。



 このルート、なかなかに快適である。
 信号はほとんどなく、交通もほぼ観光車両になる。そんなわけで天気のよい週末にはバイクに出会う回数が多くなる。



 途中、沈下橋はふたたびの登場になる。やはり一枚写真を納めておかなければ。



 橋を渡った先の道が不自然なんだが・・・

 そんな寄り道をしながら進んでいくわけだが、沈下橋がふたたびの登場の様に、このルート自体がふたたびの登場(いやもっと出てくるけども)になっている。

 そうリベンジである。

ここから一世風靡

一世風靡を先に見たからツーリングを進行する