アンダーグラウンド

 さてさて。今年もバイクの季節となったのである。

 どこへ行こうか・・・というほどには時間も無いので。



 例のごとく高速でワープして到着したのは美濃の山中。
 なんだかよくわからない公園に居た。



 さっそく山の中へ分け入る。



 ダートはまだか・・・



 お待ちかねのダートの登場。
 なんだかんだ言ったってこの地域へ来るのが一番手っ取り早いと言うこと。



 分岐があったが、ここをどう走ったかなあ・・・
 一応走れるところは全部走った感じ。



 一応、舗装道路まで通り抜けた。
 一旦国道まで出て次へ向かうことにしよう。



 すぐに見つけた脇道へ。
 ダートを見つけたら入って見るというものだ。



 おっと、少々荒れているなあ。
 まあ行けるレベルなので行ってみよう。



 うん、どうも怪しい雰囲気だね。



 やはり行き止まりだった。
 ただ、下界の音はしっかり聞こえる。わりあい国道のそばにいるのだと思う。抜けられないのは残念だが。



 引き返して国道へ戻る。
 この地域ではちょっと有名な林道へ向かうことにする。



 あ〜、通行止めの看板が。
 これは望み薄か。



 たぶんだめだろうね・・・
 でもダートはこの先なので、一応入って見る。



 結果。行き止まり・・・ということは道を間違えたかな。
 そういえば、こちら側から入ったことがなかった。



 ということで、一旦下界に降りて長いトンネルで逆側へ向かう。



 こちらからは何度かアプローチしたことがある。
 ただ、今まで何度もはじき返されてきているが。



 とりあえず分岐。
 まあ、右だろう。ただ、左も入っておこうか。



 それほど深くはなかったな。



 分岐の右側は快適な林道だった。



 久しぶりに林道らしい道を走ったような気がする。
 いつ行き止まりになるか、と思いながら走るが、案外長い距離を走っている。これはひょっとしたら・・・



 と思う内に工事看板が現れた。
 林道入口からここまで、何もアナウンスは無かったのだが。



 ・・・反対側にあったのと同じ記載だな。
 やはり通り抜けは無理なのか。

 いや、考え方を変えれば、この道は貫通しているということの証明でもある。

 「通行止め」とあっても普通に通れることも間々ある。



 ・・・バリケードあるんだよなあ。
 今日は日曜日。工事はやっていないと思われる。

 ここからは掲載自粛として。

 通行に支障はなかった、とだけ。
 特に潜るも乗り越えるも何も無く。誰に断ることも無く。



 ・・・そうか、ここで間違えたんだ。
 でもこちらからは入らない。出口だから出てしまったが。

 バリケードを潜ったり退けたりは必要なかった。



 ひょっとしたらもう通れるようになっているのではないかな。

 そんなわけで、20年近く何度かトライした林道は、アンダーグラウンドな方法(いやいや、破壊行為とかは無いですよ)で初めての通過となったのであった。

目次